RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

万絵巻BLOG.

最新の情報はこちら!
閃光
0
    image1.jpeg
    おはようございます。
    4回生のジャンヌです!

    こうして名前を名乗るものこれで最後になります。
    まだまだ実感が湧きません。


    今日は少し、私の同期の話をしたいと思います。

    2015年、1回生の4月、演劇サークルに入ろうと決めていた私は、万絵巻の活動スペースに行きました。
    そこで出会った同期は、クマを背負っていたり、ザ・女子大生だったり、ザ・男子って感じだったり、すでに先輩と仲良くなっていたり……

    スーパー人見知りな私は、ウルトラ猫かぶりでコミュニケーションを取ろうとするものの、全く馴染めませんでした。

    ですが、一緒に過ごしていくなかで少しずつ慣れていきました。
    それはきっと万絵巻を通してたくさん遊んでのびのび演劇をしていたからなんだなと思います。

    楽しい嬉しい面白い
    辛い苦しい悲しい悔しい
    色んな気持ち共有して強くなっていったのかなって。

    みんなすごく変なんです。
    けど優しいです。
    何かしらを抱えて生きていて、
    少しひねくれていたりするけど、
    すっごく優しいんです。

    こうして出会えたのは偶然かもしれない。
    けど私はこの人たちに出会えて本当によかった。

    『蛮幽鬼』に出会った時、私の同期の最後を飾るのにぴったりな作品だとすぐに思いました。
    演出として、みんなの良さを最大限に引き出すことができる配役や演出を必死で考えました。
    一方でこの台本を上演して本当にいいのかという葛藤もありました。新感線作品の中でも超有名作で、多くの人にとって大切な作品で。
    ですが、通し稽古の度、蛮幽鬼だからこそ私の同期の良さを発揮できると再認識していました。
    それは公演を観て実感していただければ幸いです。


    今公演で万絵巻を卒業する22期生は私含め11人います。
    万絵巻的には人数の少ない学年で、この人数で卒業公演を打つためには1~3回生の力が絶対必要でした。
    後輩のみんなも一緒に劇づくりに参加してくれて、彼らの力がなければ絶対に今回の劇を創り上げることはできませんでした。ほんとにありがとう。感謝してもしきれません。

    このように活発に活動できる基盤を作ってくださった歴代の先輩方。本当にありがとうございます。
    先輩方の背中は大きくて頼もしくて、何度も助けていただきました。

    そして観に来てくださるお客様。温かい客席のおかげで役者も楽しく演じることが出来ています。多くのご感想、お褒めのお言葉をありがとうございます。励みになっております。


    泣いても笑っても今日で最後!
    全力で走り抜きます!

    皆さまのご来場、心よりお待ちしております。

    ジャンヌ
    | 2013graduation | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    自分が立つ場所
    0
      昨日、最終稽古が終わりました。
      …ついにここまで来ました。


      今宵のブログはドクトルがお送りします。
      同期や後輩たちに言いたいことはありますが小屋入りに取っておきます。
      今日は自分の話をします。


      今公演で自分は初めての場所に立つことになります。


      これまで役者としては脇を固めることが多く、
      主役と一緒に舞台を彩り、時には面白いことを
      言って笑いを誘う、それが僕の役者としての立場でした。
      というかいつも自分からそこを狙っていきました。
      それには理由があって、元来僕は主人公より
      その周りのキャラクターに惹かれるタイプです。
      それも結構な色物に。


      話が少し逸れましたがそんな趣向もあって僕は
      ずっとその立場を狙い続け、いくつもの楽しい
      役を演じさせてもらうことができました。
      その一方で主役は自分には縁のないどこか遠い
      場所なのだと、そう思っていました。


      今公演で自分は初めての場所に立つことになります。


      自分よりうまいと思う人など大勢いる、本当に
      自分で良いのかとひどく悩みました。そんなこと、
      一役者が悩むことではないのはわかっています。
      己を信じてただがんばるしかない。
      わかっています。わかっていても寝る前に布団
      の中で一人悶々とすることも多々ありました。
      情けなくしょーもない話です。


      だけどある日、カーテンコールの練習である場所に
      立ってそこからの光景を見た時にそんな悩みは吹き飛びました。
      これだ、これこそがこの場所でがんばった人だけが
      見ることができる光景なのだと。
      万絵巻で四年間過ごしてきて最後の最後にこの場所に
      立てることは本当にありがたく誇らしいことなのだと気づきました。
      そしてこの光景を真っ直ぐ見たい。この場所に
      恥じぬ存在でありたいと強く思いました。
      そう思って今日までがんばってきました。



      この劇は一人の男の復讐劇です。
      しかしあらゆる立場からこの復讐劇を観てほしいなと思います。
      復讐にとり憑かれる者。
      扇動し惑わす者。
      迷い立ち向かう者。
      友を信じ止めようとする者。
      巻き込まれる者。
      利用しようとする者。


      皆それぞれの立場からこの復讐劇に関わっています。
      それぞれの場所が故に見えること、見えないがことあります。
      しかし観客はその全てを観ることができます。
      それも一つの場所です。
      その場所だからこそ観ることができる光景から
      何かを感じとっていただけると幸いです。



      最後にこの劇で僕の好きなセリフがあります。


      どこで生まれたかどこで育ったかそんなことは関係ない。
      私は、私の信じるに足る者を信じる。



      …僕は僕の信じるに足る人たちを信じて本番に望みます。
      自分を信じてくれる人たちに応えるために。
      | 2013graduation | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      果て
      0
        IMG_5208.jpeg
        お疲れ様です。会長です。
        すっかり寒くなってもう秋の面影もないですね。

        季節の変わり目はなんだか懐かしい気持ちになります。
        冬だと、指先を凍らせながらした新聞貼りや遅くまでライトを照らしながらした作業や準備、凍えながらした通し稽古、白い吐息、黒いサークルパーカー、時には耳や鼻先を赤くしながら稽古をして、…ぐちゃぐちゃと色々なことを思い出してしまいます。


        今回の劇、同期の仲間が既に紹介してくれている通り、一人の男の復讐劇になります。

        暗さや陰りのある話だと思います。
        だけど、だからこそ、学劇に身を投じている人には見ていただきたいなって思います。

        一人の男は友と理想を抱きます。
        国を良くすると。
        その想いは踏みにじられていく。
        友を殺され、自らも陥れられ、無実の罪で投獄され、幾年も苦しめられ、狂えることも出来ず、ただただ瞳に復讐を宿す。
        謎の囚人との邂逅をきっかけに、男は解放され、己の復讐を果たしていく。


        男には始めの想いがありました。
        きっとその始めの想いは美しく、眩いものだったはずです。
        だが、それがぐちゃぐちゃにされていく。自分一人ではどうしようもなく、欲望と悪意、他者の心によって蝕まれていく。

        男は復讐の鬼となります。
        男は復讐の鬼となります。

        きっとならずにはいられなかったのでしょうね。


        懇々とあらすじを語ってしまいましたが、この劇、復讐劇であると同時に国の話でもあるんですよね。

        夢を抱いて何かを成そうとして、そこには現実あって、また別の人がいて、折り合いのつけ方が分からなくて、想いのやりどころが分からなくて、どうすればいいのか分からなくて。

        思い込みだったらごめんなさい。
        だけど、学劇に携わる人、携わったことのある人は何となく、同じような想いを抱いたことがあると思います。

        ただ、良いものが作りたくて、でもそこには現実があって、苦しさがあって、折り合いのつけ方が分からなくて、想いのやりどころが分からなくて、どうすればいいのか分からなくて。


        人と組織の話なんていうのはこの先、生きていれば必ず付いて回る問題だと思います。
        きっと、立派な大人たちなら綺麗に折り合いを付けて、整理して、解決していくのだと思います。

        けど、学劇に携わっているのは僕たちまだまだ未熟な青年たちです。

        本来であれば、作り上げる作品に作り手の意識や意図、作意が見え透き過ぎるのは褒められたことではない気がします。

        ですが、僕自身は今回ここに意味があってもいいのかなって思います。

        学劇の僕らが行う「蛮幽鬼」だからこそ、この劇の意味が深まるのかなって思います。

        卒業していく僕らの公演だからこそ、そこに残してしまうものがあってもいいのかなって。


        ここまで、また色々と書いてしまいました。

        僕自身、苦しかっただけの、辛かっただけの四年間という訳ではありません。
        もちろん、楽しかったです。

        ですが、終わり良ければ全て良し、で前を向いてこれまでのことを無かったことには出来ません。

        後悔と未練も全部嘘ではありません。だから、今でも分かりきれていないものがたくさんあります。


        今回、演じさせていただくサジと名乗る男は不思議な男でした。

        何故その表情を浮かべ、言葉を吐き、行動を起こすのか理解出来ませんでした。

        でも今ならこの男が何を思って、何を体験して、そこに至ったのかが分かる気がします。

        だからこそ、この男と共にもう少しだけ見えていない何かを探してみようと思います。


        今回の卒業公演、たくさんのお客様に楽しんでいただけると幸いです。
        当日、皆さまのご来場を心待ちにしております。
        | 2013graduation | 18:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        僕にとっての最高な瞬間
        0
          image1.jpeg
          ご飯を食べている時、寝ている時、そこには幸せは感じますが、僕の最高といえるものはめっきり、

          大音量の音楽、煌々と照らす照明の下、沢山の拍手が起こっており、数ヶ月を共にした役者が舞台に勢揃いしている…

          そんな公演最後のカーテンコールの瞬間です!


          どうも、お久しぶりです!パズーです!!!


          僕は万絵巻に入り、初めて舞台に上がり、無事にやり終えた。あの瞬間の虜になってしまったんだと思います。



          「何かを得たいと考えるならば、それ相応の対価が必要である」


          これはまさしくその通りだと思います。


          最高な瞬間を得るには最高なものが必要…

          役者として役を与えられ、台本を読み込み、自分ではないそのキャラの人生について考え、悩み、自分の中に落とし込み、それを表現する。

          その中で共演者とのすり合わせ、演出からのダメ出しが来る。


          自分では無い方が良かったのでは?


          自分はすぐに心が折れて逃げてしまう弱い人間です。

          時に諦め、そこから目を背けてしまう時もありました。


          ですが、背けた方を見ると必死で頑張っている同期や後輩の姿が目に飛び込んで来ます。





          僕は誰かに支えてもらって今を生きている。




          僕が演じる蔵人も同じく悩み、葛藤しもがき苦しみながらも、

          己の信じた者を信じ、守り支えていく。



          そんな強い思いを持ったかっこいい蔵人も僕を支えてくれていました。



          万絵巻はいい意味で僕を逃してくれません。


          残り少ないながらも、最高な瞬間のために最高なメンバーで更に最高なものに仕上げていきます!!!!


          本番をお楽しみに!!!!!!!
          | 2013graduation | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ベルが述ベル!!
          0
            IMG_20181125_1.jpg
            おはこんにちこんばんは、ベルです。
            この前口上も今回で最後、いざ心して!
            前回はスタッフワークについて語りましたので、
            今回はそれ以外のお話を失礼致します。

            私の万絵巻生活は"役者"で満たされていました。
            (数えてみると携わらせて頂いた全公演中7割!)
            本当に様々な役柄を頂いてきました。

            怒りん坊で直ぐに銃で威嚇しちゃう空軍隊員、
            なぜかクレオパトラみたいな風貌の属州総督、
            宇宙と交信が出来るというなんちゃって女王様、
            ぼけていて1文だけしか話さないおばあちゃん、
            スパイという別の顔を持っているクラブ歌手、
            発想がぶっとんでいるお嬢様な女子中学生、
            情熱的に恋に恋しているオオキミの愛人、
            お風呂上がりでバスローブな片言香港人など…

            なんじゃこりゃあ、ていう感じですね。混沌です。
            個性が強くコミカルな役が多かったです。

            どの役でも大切にしていたのは、エンターテイメント性。
            私は身体表情声色をめいっぱい弄り演技するのが大好きです。
            台本にこんな顔/動き/声のトーン…と全部書き込むスタイルです。
            練りに練った架空のキャラを少しでも楽しんで覚えて頂きたい!
            その一心で、役作りをして参りました。今も勿論。

            卒業公演という事で、集大成になります。
            頼もしすぎる同期と可愛すぎる後輩達と一緒に、
            現役役者経験回数最多という言葉に劣らぬ、
            自分なりの最高の演技をお見せしたいと存じます!
            先に卒業なさった尊敬して止まぬ先輩方へは、
            この上ない最大の感謝の気持ちを込めて。

            万絵巻最後に頂いた役は、これまた魅力的な役。
            時にバカみたく大胆に、時にこれでもかと繊細に、
            ドドンとお魅せ致します!


            そして突然ですが。
            ベルという奴は凄く弱く脆い人間です。
            ズボラで甘くて悲観的、すぐ衝動に走りやがる!
            なんて面倒な奴なんだと我ながら思います。
            こんな奴だからこそ、この眩し過ぎるサークルで、
            大きな壁にぶつかる時がたくさんありました。

            辞めた方がいいのかなとさえ、何度も。

            でも今ここにいて、まさに走り切ろうとしている。
            どうしてここまで来られたのだろう。
            理由の1つに単純だけど大切な思いがあります。

            演劇が、万絵巻が、皆が、大好きだ!!!
            もうすんごい愛しくて仕方ないんだ!!!
            最後まで一緒に居たいです居させて下さい!!!
            この気持ちが輝き続けて止まないんですよね!!!

            正直今回で終わりなんて嫌だ!!!!

            でも、おしまい。
            でもきっと、おしまいがあって尚更愛しいんですよね。

            大好きな場所で大好きな皆と大好きな演劇をやり抜きます。


            ここまで色々と綴って参りましたが、
            一般のお客様は私達の/私個人の思い、
            SNSでほんの一部しか知って頂けません。
            知ったとて、な方もいらっしゃると思います。
            やはり如何に作品が面白く心に響くかが大切…。

            安心して下さい。
            贔屓目無しにすんごく面白いです。

            本でも映画でもアニメでもなく、
            "学生"の"演劇"だからこそある味があります。
            皆で考えて動いて作り上げた大作を、
            目で耳で肌でご満喫下さい!

            しかしもし宜しければ卒業生はじめ、
            劇団員の熱い気持ちも汲み取って頂けますと、
            "卒業"公演の良い所も味わえるのではと存じます。

            11月30日〜12月2日、芸術創造館にて。
            是非足をお運び下さいませ!!!

            長々と失礼致しました、
            以上、ベルでした!!!!!

            写真は悩んだ末に現役共演回数No.1なノンベジ・JK・げげる君です。
            彼の演技は見ていてスカッとします。
            | 2013graduation | 17:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            ここが私の居場所
            0
              Image.png
              一気に寒くなりましたね。
              おかげで朝から自分のスマホがブラックアウトし、
              果てにはビデオカメラも途中でブラックアウトしました。
              皆さん、屋外での長時間撮影はお気をつけください…(笑)
              今日の担当は4回生あおいでございます。
              さて、今日は通し稽古でした。
              何につけても「最後の」が付くこの公演、
              あんまり最後というのは好きではありません
              があえて言います。
              今日は「最終通し稽古」でした。
              皆寒さに凍えながらも今まで考えてきた、
              練習してきたものを全力でぶつけていました。
              同時に最終調整すべき点も明白となり、
              あとは駆け抜けるのみです…!
              ブログタイトルは私事ではありますが、
              かつて自分が演じた役のセリフです。
              私は今まで演じてきた子皆大好きで、同時に尊敬してます。
              自分が重い病気でも友人の事を第一に考える心優しい子、
              恩人の事を敵となったとしてもずっと愛し続けた子、
              恨まれながらも総理という役目を全うする子。
              書ききれませんが皆自分にないものを持ってて、
              だからこそ演じることが出来て良かったなと思います。
              そして振り返ると私の子達は皆何かと戦ってるんですよね(笑)
              自分の「理想」の未来を描くために、
              そして自分の大切な「居場所」を無くさないために。
              今回、万絵巻の4年間で学んだ事だけでなく
              中高時代の経験も活かすことのできる
              今までにやってきたことが詰まった、
              そして新しいことも詰まった素敵な役を頂きました。
              お恥ずかしい話、自分はネタをするのが
              得意ではなく、特別インパクトが残るような
              面白いこともできません。
              でもそれでも、お客様にぼんやりとでもそいえば素敵な役がいたなと思っていただき、
              大好きな子を生かすことが出来たらなと思います…!
              今回の劇は復讐劇。
              それぞれが「居場所」や「大切なモノ」を奪われ憎しみ合い復讐の道へと堕ちていきます。
              そんな陰の中でも「理想」の未来、光を求める姿にも注目していただけたらなと思います。
              是非11/30~12/2は芸術創造館に足をお運びください!
              P.S.今日は稽古場の写真がなかったので、かなり前に行った照明の色見の写真です。
              いろんな種類、色の照明があるので是非ともそちらも注目してみてくださいね!
              | 2013graduation | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              気づいたら最後の一週間
              0
                4回生のインテグラルです。
                最近、自分の身体が無理できなくなってきていることを実感する日々です。

                そろそろ稽古も終盤で詰めの時期に入っています。稽古していて、みんな演技が上手だなあと思います。自分のモチベーションも俄然上がります。

                今回の役は悪役で、どういうところが悪く見えるのかを考えるのが凄く難しいなと思います。「ただ、悪い奴ってのが見えたらええんかな?」とか「性根から腐ってるんやったら、細かいところで悪さが見えるんかな?」とかとか、色々と試行錯誤しています。

                今回の公演って「どういう内容なん?」って話なのですが『憤怒、憎悪の果てに』というぐらいなので復讐劇です。でも暗い話というよりパフォーマンスや殺陣が多く、万人に楽しめる内容になっています。ただ、やはり復讐なのでゾッとするところはあります。でも、その復讐劇の最後はどうなるのでしょうか。

                続きは芸術創造館に観に来てください!
                11/30〜12/2に公演しています!
                劇場でお待ちしております!
                | 2013graduation | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                鋼の魂とその活用法
                0
                  本番が近づいてまいりました。稽古の日数も一週間を切り、どんどん詰めに入って来ている感じがします。先日のブレストと通しを踏まえ、長回しをした上で演出と役者が綿密に話し合い、時には役者同士で擦り合わせ深めていき、慣れていない動きのアドバイスをもらい新しく形作っていく…。各々がやるべきことを見極め形にしていっている感じです。


                  さて、僕自身外部向けとしては出るのは2回目です。はい。詰まるところペーペーです。それこそ後輩の方が出演回数としては遥かに多い事の方が往往にしてあります。で、そうなると当然行き詰まる回数も相応に増える訳ですね。そこから理詰めしてみたり感情のままぶつけてみたり、過去の公演を参考にしてみたり…。で、時にはアニメやゲームのキャラとか参考にしてみたりする訳です。趣味の関係上、70年代後半以降の一部のアニメに精通してることもあり、脳内データベースに引っかかる事が多々あるので、「あのキャラとか使えるんじゃね?」「このキャラとあのキャラ複合させてみたら面白そう」とか色々考えるうちにしっくり来るものが出来たり。で、動きはそうはいかない時が多いので色々試してみて皆からアドバイスを貰って更に深めてみて…。と、こんな風に完成に近づけていく手法を取っています。てことで今回も参考キャラがいます。少々マニアックだったりしますが。
                  長々書きましたが簡単に言うと、何が役者やる時役立つかなんて分からないんだなってことといつも皆アドバイスありがとうってことです。


                  以上、つい先日あるゲームのシリーズの最新作が発表され内心興奮が止まらない4回生のこにたんでした。
                  | 2013graduation | 02:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  心が選びたいもの
                  0
                    image1.jpeg
                    みなさんこんばんは、4回生のDJかおりです。
                    寒くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか。

                    卒公の稽古も残り2週間を切りました。
                    もうすぐ終わってしまうという実感があまり湧いて
                    いない一方で、これが最後という寂しさも感じてい
                    る今日この頃です。
                    振り返ればこの4年間、楽しかったこと、嬉しかっ
                    たこと、悲しかったこと、辛かったこと、いろんな
                    ことがありました。
                    私は4年間音響一筋で活動してきて、役者は一度も
                    経験していません。
                    同期の中で役者をしていないのは私だけで、
                    サークルの仲間から「役者しないの?」なんて
                    冗談交じりに言われることもありました。
                    役者をしたくなかった訳ではありません。
                    役者をすることを考えたこともあります。
                    4年間役者をしないという選択を後悔したことも
                    あります。
                    実は「役者しないの?」と聞かれることをちょっ
                    ぴり辛いと感じていました。
                    でも、4年間音響として活動する選択をしたことを
                    後悔したことはありません。
                    だって、大好きなみんなの演技を特等席で見られる
                    から。
                    それだけで私は音響やってて良かったと言えます。

                    泣いても笑ってもこれが最後の公演。
                    どうせ泣くなら嬉し泣きがいい。どうせなら笑って
                    終わりたい。
                    私自身は表舞台には立ちませんが、音響として役者
                    を支えることで、先輩や後輩、今まで共に歩んでき
                    た同期、観に来てくださるお客様に感謝を伝えられ
                    たらなと思います。

                    思ったままに書き綴っていたらまとまらなくなって
                    きましたが、この4年間で先輩から学んだことや自
                    分の経験を全て出し切れるよう全力を尽くします!

                    11/30〜12/2、芸術創造館にて皆さまのご来場を
                    お待ちしております!

                    (写真は殺陣の動画をチェックする殺陣メンツと
                    音響陣です。殺陣オペがんばるぞー!)
                    | 2013graduation | 04:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    蜘蛛の話
                    0
                      更新が遅くなってしまい申し訳ありません。4回生のみりんです。
                      建て込み通し、皆さんお疲れ様でした!褒められたところ、注意されたところたくさんありました。残り稽古日数少なくなりましたが、ひとつひとつ確認していきましょう。

                      最近S棟近く女郎蜘蛛の巣を見ます。黄色と黒のシマシマで、腹が赤い大きめの蜘蛛です。女郎蜘蛛は大きな巣を作り、小虫の他にセミやスズメバチを食べてくれるそうな。
                      S棟の扉近くにあった巣は風に煽られて一部壊れてしまいましたが、それでも見事な大きさでした。コツコツと大作を作るその姿は見習っていきたいです。



                      | 2013graduation | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |