RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

万絵巻BLOG.

最新の情報はこちら!
<< フラフープ記念日 | main | ハイスピードハイテンション! >>
演劇を感じる
0

     

    初めまして、4回生のインテグラルです。

    卒業公演が始まって、もう20日も経ちました。

    早いですね。様々な表現の仕方を考えられるのも、

    あと40日ぐらいと考えると短いですね。

     

    急にですが、私は論理を詰めて考えていくタイプの人間です。

    物事全てには事象があって原因があって、何か起因するもの

    がある。だから、過程やその原材料を探す必要がある。

    という風に考えるタイプなのです。しかし、最近になって

    感じることでしか分からないことも多いなと思ってきました。

     

    一つの物事を突き詰めていくと、必ず説明できない何かに

    ぶつかってしまいます。感覚では分かるのだけど、

    説明できないものです。

    文章だったら『胸に込みあげる怒り』とか『言いようのない後味の悪さ』

    とかでしょうか?

    これらはいくら考えても論理で説明できないなと、

    最近思ったのです。怒る理由や後味の悪さの理由は

    原因が分かれば説明できますが、

    なぜ、怒りや後味の悪さが生まれるのかは

    感じることでしか分からない、ということが言いたいのです。

    その重要な部分を伝える手段の一つとしてあるのが

    演劇なのだと思います。

     

    画像でも、映画でも、テレビでも、伝えきることのできない、

    感情を演劇で楽しんで欲しいです。

    劇を様々な、多くの人々に観て頂けたら幸いです。

     

    https://stage.corich.jp/stage/95695/ticket_apply

     

     

     

     

    | 2013graduation | 04:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.yoroweb.com/trackback/1109423