RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

万絵巻BLOG.

最新の情報はこちら!
<< ある日の朝 | main | そう、演劇って〇〇〇もの >>
好きなことを
0
    image1.JPG
    おはこんばんちわ! ノンベジ・JK・花夏流です!
    お久しぶりか初めましてです。

    昨日で稽古最終日を迎えました、あっという間でした本当に本番が来るかどうかすらあやふやです

    今回は僕は役者として舞台に立たせてもらいます!ありがたいことに芥川龍之介という大役を演じます、僕が一番好きな文豪として演じさせてもらえることは光栄でしかありません!


    ここからは役者としての好きなことを書かせてもらいます。

    まず僕は台本を読むのが好きです。何度も何度も読み込みます。台本って小説や漫画とは違って情景を描かれることはありません。その情景を考えるのが好きです!
    そしてなぜその台詞が書かれているのか?
    なぜその役はその言葉を言ったのか?そこには絶対に理由があります。
    人が何かを行うのに理由がないことはありません、全てに意味がある、そこまで考えなくても演じることはできる役者さんはいるでしょうが その全ての理由を考えるのが僕は好きです。
    そんなのなんと無く言ったって言葉も絶対に理由があるんだと僕は思います。

    その理由を台本を読んで、考え、表現する。そうして役になるこんな感じで僕はやっています 今回の役は中々に考えさせられました〜精一杯な芥川龍之介を見に来てください。

    クソ長くて読むのも面倒かもしれなかったですがなんかこうすごい思いがあるんです!

    あとこう考えてます
    台本=楽譜 演出=指揮者 役者=演奏家
    そんな感じだと思ってます

    最後に僕の役者としてのルーティンを書いときたいと思います、僕は舞台に立つ前にこんなことをします

    お前は誰だ
    俺は俺だ
    違うお前は誰だ
    俺はお前だ
    お前は誰だ
    お前は僕だ
    君は誰だ
    僕は僕だ
    君は誰だ
    僕は芥川龍之介だ

    どんどん役の口調に変えて自分にするみたいな感じです僕の場合いつも主語は俺なので!言霊ってのを信じてるんでいつもこれやってます、結構良いんでやって見てください
    | 2013graduation | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.yoroweb.com/trackback/1109375